本校の特色

(1) 本校は、明治42年、西毛地区の女子中等教育を中心的に担うため、北甘楽郡立女子実業講習所として創立されました。様々な分野で活躍する2万人を越える卒業生を送り出し、創立100年近くの長い歴史と輝かしい伝統をもった名実共に西毛の女子教育の中心校です。

(2) 校章は、前身の2つの女学校(群馬県立富岡高等女学校と、富岡町立高等家政女学校)の校章(高女の””と家政の””)を合わせた型で、昭和25年4月1日に制定されました。松は質実さを、桜は優雅さを表しています。
 →詳しくは、沿革を見てください。

(3) 本校は、県西部を貫流する鏑川の中流に位置し、稲含山・妙義山を望む風光明媚な場所にあり、教育環境は抜群です。

(4) 文武両道を旗印に学習活動・部活動等を通して、個性を伸ばし、能力を高め、健康な心身と豊かな人格の形成を図ることを目的としています。